オギナビ

Read Article

牛尾梅林(Ushinoo bairin)


usioume_3

小城町の南、小高い丘の牛尾(うしのお)山に約7千本の梅林あります。江戸時代末期から22ヘクタールの斜面に沿って果樹栽培がおこなわれ小城の特産品のひとつとなっています。梅の開花、見ごろの2月末~3月上旬にかけては、梅の花が山肌一面を覆い、ふくいくとした梅の香りが一帯にたちこめ、県内外からの観梅客でにぎわいます。また、山頂からの眺めもよく、眼下には佐賀平野はもちろん、遠く雲仙を望むことができます。

毎年、梅の開花時期に地元の梅生産者が中心となって開催される「小城市三里牛尾梅まつり」では、花梅、梅加工品、農産物などの販売や、ビンゴゲームなどの楽しい催しものがあります。

usioume_2

牛尾梅林の中にある牛尾神社は796年創建の古社であり、源義経や弁慶が腰旗を奉納し、源頼朝が神領を寄進したといわれています。「肥前鳥居」は現在、佐賀県の重要文化財に指定されています。

DATA

  • 梅の数:約7千本
  • 三里牛尾梅まつり(2月末から3月初旬)
  • 牛尾神社:小城市小城町池上4907(796年創建)
  • 小城市農林水産課 TEL:0952-37-6125

MAP