江里山の棚田と彼岸花(Eriyama tanada)

江里山の棚田は、小城市小城町の北部・天山山系南側の中腹:標高250メートルに位置します。 日本の棚田百選(平成11年農林水産省認定)。全国農村景観百選(平成4年農林水産省認定)。
山の斜面に広がる棚田の数は約600枚。9月下旬には真っ赤な彼岸花があぜ道を彩り、里山の風景をいっそう印象づけます。
佐賀県の最高峰1,000メートル級の天山山系から豊富に溢れ出す湧水や清流が江里山地区の飲み水や棚田の農業用水になります。水の都小城市の源流に位置する江里山(えりやま)地区、その下流にはホタル観賞の名所祇園川(ぎおんがわ)へとつながります。

彼岸花が咲く秋にはあぜ道を真っ赤に染める景観は観光スポットとして有名
斜面に沿って美しい曲線を重ねる手入れされた棚田の数は約600枚
あちらこちらから溢れ出る天山山系の清流。
写真は七曜の滝(しちようのたき)
天然のミネラルウォーターとして隠れた人気の甘露水(かんろすい)

DATA

  • 彼岸花まつり:9月下旬を予定(※本年度は台風のため中止となりました。)
  • 現在の彼岸花の状況はこちら
  • 甘露水(かんろすい):水汲み場
  • 江里山観音(子宝・安産祈願)

アクセス