村岡総本舗

村岡総本舗

菓子づくりは村岡総本舗の永遠のテーマです。羊羹業をはじめた明治32(1899)年、今より百年以上前から羊羹づくり、菓子づくりがゴールのない道として、これまで続いてきました。菓子は人の心に夢と希望を与えるものとして、古来よりの食の歴史の中で大きな役割を果たしてきました。現代における日本文化とりわけ茶道への志向が高まる中で、茶会で主菓子として使用される菓子の役割は甚だしく大きなものがあります。茶の苦みが父親の厳しさであるとすれば、甘さは母親のやさしさにも、たとえられます。菓子の色どりや形によって季節が先取りされ同時に凝縮した形で表現されます。現代の味の旬(しゅん)を表すものは和菓子であるとさえ言われるほどで す。白小豆という特殊な小豆までもが、たいへんな手間と技術を労して栽培され、芸術的な色や形そして極上の味わいとして高く評価されるほど、菓子道の奥行 きは深いものがあります。

極上羊羹の「心・愛・和」極上素材が醸し出す味わい。関東・関西などの主要デパートの小城羊羹ブランドは村岡総本舗の商品が並ぶ事が多い。
材料、熟年の煉り技巧、情熱、そして近代的な衛生面まで追求する小城羊羹NO.1のブランド。

DATA

  • 名称:村岡総本舗(和菓子)
  • 住所:小城市小城町861
  • 電話番号:代表 0952-72-2131
  • 営業時間:各店舗による
  • 定休日:各店舗による
    その他:村岡本舗の商品が買える他県店:福岡(西鉄ターミナル、博多阪急、博多大丸など)、長崎(佐世保玉屋、長崎浜屋、空港など)、熊本(鶴屋、県民百貨店など)、宮崎・鹿児島(山形屋など)、大分(空港など)、関西(宝塚阪急、大阪・泉北・堺・京都高島屋、阪急阪神など)、関東(横浜そごう、横浜・玉川・立川・新宿・日本橋高島屋、三越、西部池袋、紀ノ国屋各店など)、佐賀県内:小城中央店、小城駅前店、佐賀総本店、佐賀駅北口店、佐賀デイトス店、唐人町店、佐賀空港店、唐津店、唐津中央店、有田店、多久店、白石店、鳥栖店、佐賀玉屋
  • ホームページ:オフィシャルサイト

アクセス