オギナビ<OGI NAVI>

Read Article

小城市観光協会の公式ホームページ

ようかん右衛門とこい姫

小城春雨まつり


春雨にしっとり濡れる鶯の

羽風でかぐわしく漂う梅の香

梅の花に戯れる可憐な鶯

そんなはかない小鳥でさえも

ねぐらはしっかり決めたもので

一筋にその梅の木に暮らすもの

わたしは鶯で あなたは梅

いつかわたしが自由の身に

思いのままになるならば

そしたら鶯宿梅になれるかしらん

ああもうどうだって良いわ

小城藩士の柴田花守(1809-1890)が長崎遊学中に作詞した端唄「春雨」は長崎丸山の料亭「花月」で作られ、その後、全国に広まりました。弘化3年(1846年)、フランスの軍艦3隻が長崎に入港したとき、佐賀藩士として長崎警備にやってきました。丸山の「花月」に遊んだ時にこの歌を作ったといわれています。

1963(昭和38)年以降、桜が咲き誇る小城公園の「春雨の碑」の前で、柴田翁をしのんで長崎検番の芸妓衆が数曲披露されます。その後ゆめぷらっと小城天山ホールにて芸子衆10数人の華麗な舞が披露されます。美味しい料理と地元のお酒をつまみながら小城の有志による「粋」は現在も引き継がれています。事前ご予約制にてお早めにお問合せ下さい。

DATA

  • 小城春雨まつり
  • 日時:平成30年4月7日(土) 11:30~開演
  • 会場:ゆめぷらっと小城 天山ホール
  • 料金:チケット5,000円
  • 定員:限定240席
  • ご予約受付日:3/6(火)
  • チケット販売先:小城市観光協会まで(0952-72-7423)
  • お問合せは下記のメールか、お電話にてお受けしています。

MAP


より大きな地図で 小城 春雨まつり を表示

お申込み&お問合せはこちらまで

お名前*
フリガナ
郵便番号
電話番号
ご住所
メールアドレス*
お問い合わせ内容*



ボランティアガイド案内